浄土宗大本山光明寺法主台下筆
ホーム

戻 る





疑問くん
ロータリークラブとは、どんな団体なのでしょうか。
街中やポスターなどで、「ロータリークラブ」という文字を目にした事がありませんか。
「ボランティアの団体ではないか。」となんとなく思われている方が多いのではないでしょうか。
確かに「ボランティア」活動をしている団体なのですが、具体的な活動を御存知でしょうか。

「ボランティア」と言っても、一般的にすぐに思い浮かぶ、学生や小地域の活動のように、
地域で困っている方々や、何か不自由な方々のお手伝いを中心に活動している団体ではありません。

「超我の奉仕」の心を持ち、世界規模で同じ志を持った人々が集まり活動を行う。
それが、「ロータリークラブ」です。

「ロータリークラブ」には「ロータリーの目的」と、「四つのテスト」と呼ばれる基本理念があります。 

ロータリーの目的
ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、
これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある;
第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること;
第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること;
第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること;
第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。
四つのテスト
言行はこれに照らしてから
1. 真実かどうか
2. みんな公平か
3. 好意と友情を深めるか
4. みんなのためになるかどうか

又、世界規模の活動とはどういった事であるのか、世界規模のボランテイアとは何を行っているのか、
何か硬そうに感じられるかも知れませんが、個人個人の職業を通じて、
世界の人々へ奉仕することが主眼に置かれています。
実際は、職業人としての道徳的活動を、仲間達と親睦を深めながら和気藹々と行っています。

具体的な活動、クラブ組織・歴史等の基礎知識ついては、日本の国際ロータリークラブのホームページ、
「ロータリージャパン」に記載されていますので、是非そちらを参考にして下さい。

疑問くん
横浜南陵ロータリークラブでは、どのような事を行っているのでしょうか。
まず、基本となるのが、「例会」の開催・参加です。
「例会」とは通常毎週一回開催され、連絡事項や活動報告、又「卓話」と呼ばれる会員同士や
外部からの有識者による講演を聞いたりするものです。
その他、家族会等もあり、活動を有意義なものにする為に、親睦を深めています。

会員の中から細かい活動を決定する理事を選抜して「理事会」が行われています。
「理事会」では、具体的な活動についての決定権があり、活動資金の配分等も決められます。

「理事会」で決定した内容を各「委員会」や「役員」、個々の有志参加により、活動が行われています。


理事会で承認された外部活動内容の例です。
 ・ 「東日本大震災」への寄付
 ・ 「海外の大規模震災」への寄付
 ・ 「新潟県中越沖地震」への寄付
 ・ 国際留学生の受け入れ・援助・宿泊費等の補助
 ・ 「南区小学生野球連盟」大会への寄付
 ・ 「南区スポーツレクリエーョン大会」への参加・寄付
 ・ 「野毛山動物園アニマルペアレント」への参加
 ・ 横浜子育てサポートシステム「さくらザウルス」への支援・看板等の設置

通年に渡り、基金・募金活動を行っており、それが主に国際活動への参加となっています。

Copyright(C) Rotary Club of Yokohama Nanryo. All Rights Reserved.